本文へスキップ

遺言書の検認手続きについて

遺言書の検認自筆証書遺言を発見した場合、家庭裁判所の検認の手続きが必要です。

HOME ≫ 遺言書の検認

遺言書の検認とは、公正証書遺言を除く遺言書の保管者又は、これを発見した相続人は遺言者の死亡を知った後、遅滞なく家庭裁判所へその遺言書を提出して、検認を受ける必要があります。





> 行政罰及び相続欠格

行政罰 及び 相続欠格

遺言書を家庭裁判所に提出しない場合、検認を経ないで遺言を執行した場合、家庭裁判所外で開封した場合は、5万円以下の過料に処せられます。

遺言書を偽造、変造、破棄や隠匿した人は、相続欠格者となります。





バナースペース

  司法書士鈴木将信事務所

〒278-0026
千葉県野田市花井一丁目2番地の3

TEL 04ー7197ー6731

         

認定司法書士 鈴木将信
千葉県司法書士会
    代表者ご挨拶

     

対応業務エリア    

【千葉県】
柏市 流山市 我孫子市 野田市
松戸市 鎌ヶ谷市 白井市 船橋市
印西市 他

【茨城県】
取手市 守谷市 牛久市 龍ケ崎市
(竜ケ崎市) つくば市 
つくばみらい市 常総市 北相馬郡
利根町 他

【埼玉県】
春日部市 吉川市 松伏市 三郷市
八潮市 他

【東京都】
足立区 葛飾区 江戸川区 北区
荒川区 台東区 墨田区 江東区
板橋区 豊島区 文京区 千代田区
中央区 港区 新宿区 渋谷区 他

当事務所本サイト及び専門部門サイト  


> 司法書士鈴木将信事務所
> 遺言・相続手続き相談室
> 会社設立・法人支援相談室