本文へスキップ

相続対策、死因贈与など贈与登記について

相続対策としての生前贈与相続税の節税や
相続人間の争いの防止のために
生前贈与を利用するという方法はあります。

HOME ≫ 生前贈与

特定の相続人へ確実に財産を渡したい、相続税の節税をしたい、相続人間での争いをなくしたいなどの相続対策の方法のひとつとして生前贈与があります。

特に財産価値の高い不動産などでは、相続によるトラブルの、各種の制度を利用することにより相続発生時のトラブルを未然に防ぐことができます。

相続税の対策として生前贈与を利用で税金の具体的な算定を要する場合は、提携先の税理士事務所を無料でご紹介させていただき、共同で相続対策を行うことも可能ですので、まずはお気軽にご連絡下さい。

> 長年連れ添った配偶者へ自宅を贈与したい 
> 相続した土地・建物を売却するつもりだ
> 贈与税の基礎控除を利用するには
> 相続時精算課税制度
> 贈与税と相続税
> 死因贈与

配偶者控除

長年連れ添った配偶者に確実に自宅を譲り渡したい場合、一定の条件を満たせば、2,110万円(基礎控除枠110万円 + 配偶者控除枠2,000万円)まで贈与税が発生しない配偶者控除を受けることができます。       

小規模宅地の特例


小規模宅地の特例とは、被相続人が取得した相続人の生活基盤となる宅地については、重い相続税がかからないように配慮した制度です。
利用することができる場合、相続税の節税に大きなメリットがありますが、相続した土地・建物を売却するタイミングによっては利用ができなくなる可能性があり注意が必要です。

小規模宅地の特例についての要件
宅地についての要件
  1. 相続開始直前において、被相続人又は被相続人と生計を一にしていた親族の居住用にされていた宅地であること
  2. 建物や構築物の敷地用に供されていたこと
  3. 一定の面積までの部分であること
取得者についての要件  <配偶者について>
  1. 無条件で適用される
<被相続人と同居していた親族>
  1. 相続開始の時から相続税の申告期限まで引き続きその家屋に居住しており、その宅地等を有している
<被相続人と同居していない親族>
  1. 被相続人の配偶者又は相続開始の直前において被相続人と同居していた一定の親族がいない
  2. 相続開始前3年以内に日本国内にある自己又は自己の配偶者の所有する家屋に居住したことがない
  3. 相続開始の時から相続税の申告期限までその宅地等を有している

暦年と連年

メンテナンス中

相続時精算課税制度

メンテナンス中

     

贈与税と相続税

メンテナンス中

死因贈与

メンテナンス中


バナースペース

  司法書士鈴木将信事務所

〒277-0005
千葉県柏市柏六丁目9番8号

TEL 04ー7197ー6731

         

認定司法書士 鈴木将信
千葉県司法書士会
    代表者ご挨拶

     

対応業務エリア    

【千葉県】
柏市 流山市 我孫子市 野田市
松戸市 鎌ヶ谷市 白井市 船橋市
印西市 他

【茨城県】
取手市 守谷市 牛久市 龍ケ崎市
(竜ケ崎市) つくば市 
つくばみらい市 常総市 北相馬郡
利根町 他

【埼玉県】
春日部市 吉川市 松伏市 三郷市
八潮市 他

【東京都】
足立区 葛飾区 江戸川区 北区
荒川区 台東区 墨田区 江東区
板橋区 豊島区 文京区 千代田区
中央区 港区 新宿区 渋谷区 他

当事務所本サイト及び専門部門サイト  


> 司法書士鈴木将信事務所
> 遺言・相続手続き相談室
> 会社設立・法人支援相談室