本文へスキップ

相続が発生したときのお手続き

相続が発生したときのお手続き遺産分割や保険等の諸手続きについて

HOME ≫ 相続関係手続

長年連れ添ったご親族等が亡くなられたとき、誰もが悲しみにふし、心身ともに疲労困憊になります。そのような状況において、相続発生後の多くお手続きを進めていくことは大変は労力を要します。当サイトでは、そのような皆様の負担が少しでも軽くなればと、下記のとおり、一般的に相続が発生した場合における各お手続きの概要をご説明しておりますので、ご参考ください。

> お亡くなりから7〜12日以内にすべき手続き
> お亡くなりから3ヵ月以内にすべき手続き
> お亡くなりから4ヵ月以内にすべき手続き
> お亡くなりから10ヵ月以内にすべき手続き
> 各種保険や名義変更の手続き

> 司法書士が行う遺産財産管理業務について

お亡くなりから7〜12日以内にすべき手続き

故人が亡くなられた直後から2週間は、葬儀から埋葬まで、遺族の方は多くのことを取り仕切らなければなりません。この時期は故人の方に関する各役所への手続きが主になります。

 臨終に立ち会った医師に死亡診断書の作成を依頼
                    
 死亡届の届出(原則、死亡を知った日から7日以内
                    
埋葬許可申請
                    
 介護保険喪失届(死亡から14日以内)
                    
介護保険喪失届(死亡から14日以内)
住民票の変更届(死亡から14日以内)
世帯主の変更届(死亡から14日以内)


お亡くなりから3ヵ月以内にすべき手続き

故人が亡くなられてから3ヵ月、身の回りも少し落ち着いてきた頃になりますが、期間が決まっている相続放棄等の重要な法律手続きが必要であれば、注意しなければなりません

自筆証書遺言の検認
 

 相続放棄(死亡から3ヵ月以内)
 


お亡くなりから4ヵ月以内にすべき手続き

この期間では、「生前に個人事業を行っていた」「生前に不動産を賃貸していた」など、故人が生前に一定の要件を備えていた場合に、税務署への申告が必要になります。

所得税の準確定申告

お亡くなりから10ヵ月以内にすべき手続き

てすと

相続税の申告

各種保険や名義変更の手続き

急ぎ変更する必要はありませんが、故人の名義になっているものを順次変更することが必要になります。また、相続財産に遺産分割協議をし、遺産分割協議書を作成しなければ、名義を変更することができない手続きもあるので、注意が必要です。

遺産分割協議
不動産の相続登記
生命保険等の申告
預貯金、株式、自動車等の名義変更
電話、公共料金の名義変更
クレジットカードの解約
ゴルフ会員権の名義変更

司法書士が行う遺産相続財産管理業務について

メンテナンス中




バナースペース

  司法書士鈴木将信事務所

〒278-0026
千葉県野田市花井一丁目2番地の3

TEL 04ー7197ー6731

         

認定司法書士 鈴木将信
千葉県司法書士会
    代表者ご挨拶

     

対応業務エリア    

【千葉県】
柏市 流山市 我孫子市 野田市
松戸市 鎌ヶ谷市 白井市 船橋市
印西市 他

【茨城県】
取手市 守谷市 牛久市 龍ケ崎市
(竜ケ崎市) つくば市 
つくばみらい市 常総市 北相馬郡
利根町 他

【埼玉県】
春日部市 吉川市 松伏市 三郷市
八潮市 他

【東京都】
足立区 葛飾区 江戸川区 北区
荒川区 台東区 墨田区 江東区
板橋区 豊島区 文京区 千代田区
中央区 港区 新宿区 渋谷区 他

当事務所本サイト及び専門部門サイト  


> 司法書士鈴木将信事務所
> 遺言・相続手続き相談室
> 会社設立・法人支援相談室